工事中のマンション

修繕のために行うマンション工事をスムーズに進めるには?

レンガがはがれた壁

マンションは居住者の財産であることはもちろん、地域に溶け込んだ街の財産でもあります。美観を保ちつつ、生活する場として長く気持ちよく使うためには10年単位で修繕を行っていく必要があります。

マンションの規模にもよりますが、修繕工事は数千万円程度の費用がかかることが多いですし、世帯数の多いマンションだと同意を取りまとめるのも一苦労なので、計画を立てて取り組むようにします。

まずは日頃の管理組合とは別に修繕工事専門の委員会を作ります。そこが中心となって居住者、理事会、施工業者の橋渡し役となります。この時点で一番大切なことは、居住者に修繕工事の必要性についての理解と協力を得ておくことです。

続いて劣化箇所の診断を行う業者選びや、居住者からの修繕希望箇所のアンケートを取り、相見積もりを取った上で専門業者へ依頼するようにしましょう。大家さんの古くからの知り合いの業者だからと1社だけで決めてしまうと、居住者の合意が得られにくくなり、工事自体が立ち行かなくなる可能性もあるからです。

施工業者については建築事務所が候補に上がりますが、主に新築工事を取り扱う会社が多く、施工や監視については実績が少ない場合がありますので、修繕専門の業者も見積もり候補として選んでおくのが良いでしょう。

オススメ記事

最新の情報

2019年07月12日
郊外のマンション工事の代表的な施工事例を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事を行うメリット2つを更新しました。
2019年07月12日
修繕のために行うマンション工事をスムーズに進めるには?を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事に関する税務上の取扱いを更新しました。